【労働者】退職金約1500万円の獲得

【ご相談前】

Aさんは,甲社に長年勤務していました。

ところが,甲社の経営ミスによって,ここ最近は経営不振に陥り,Aさんを始めとした従業員の賃金カットも続いていました。

さらに,甲社は,人件費をカットするために,Aさんら従業員に対して退職を勧めてきました。

Aさんは,甲社にいても将来はないと考え,退職に応じることにしました。

ところが,Aさんが退社した後,甲社は経営不振なので退職金は一切支払わないと主張してきました。

【ご相談後】

Aさんは,甲社の対応に納得ができず,当事務所にご相談に来られました。

当事務所は,Aさんのお話をうかがい,社内規定等を取り寄せるとともに,訴訟を提起し,退職金だけでなく,未払い残業代等もあわせて請求しました。

その結果,退職金だけでなく残業代等合計約1500万円が認められました。

【当事務所からのコメント】

会社側が経営状況の悪化等を理由に退職金の支払いを拒否しても,回収できる可能性があります。

このケースでは,退職金だけでなく,未払い残業代等もあることがわかり,結果として相当額を得ることができました。

お問い合わせはこちら