中途採用者の選定

【質問】

当社では業務拡大のために,即戦力として中途採用者の採用を検討しています。

中途採用者の採用にあたって注意すべき点があれば教えてください。

 

【回答】

中途採用者の採用は,前職での経験がある一方,前職での癖もありますので,新人以上に慎重な見極めが必要と言えます。

そこで,中途採用者に対しても試用期間を設定することが考えられます。

また,中途採用者に対しては,有期雇用契約を設定することも考えられます。

 

【解説】

1 中途採用者への試用期間の設定

試用期間の設定というと,新卒社員に対するものをイメージするかもしれませんが,中途採用者に対しても試用期間を設定することが可能です。

 一般に,新卒社員に対しては,試用期間を設定する目的は,①本採用をするかどうか,②本採用をするとして配属先をどこにするか,の2つが考えられます。

一方,中途採用者の場合には,前職での経験等を活用するために採用することが通常ですから,②ではなく,①の目的が中心になることが多いと思われます。

そして,中途採用者に対する試用期間を設定する際には,①の目的に照らして相当といえる期間に設定するよう注意しましょう。

①の目的に照らして,あまりにも長過ぎる試用期間を設定した場合,試用期間の有効性が争われるリスクが高まることになります。

 

2 中途採用者への有期雇用契約の設定

中途採用者の採用活動を慎重に行うためのもう一つの方法は,有期雇用契約を締結するということが考えられます。

但し,有期雇用契約の形式を取ったとしても,実態としては試用期間と同じであれば,試用期間と同様に扱われるケースがありますので,注意が必要です。

労働契約関係では,形式面だけでなく,実態面も評価されるのです。

お問い合わせはこちら