残業代請求が認められるか

【質問】

私が勤務する会社では,残業をする場合には事前に申請を行うように就業規則で決められています。

上司の評価が怖いので,事前申請をしていないのですが,実際には大量の仕事を任されているためにまず勤務時間内で終わることはなく,サービス残業を強いられる状況が続いています。

この場合,残業の事前申請をしていませんので,残業代を請求することはできないのでしょうか。

 

【回答】

残業の事前申請をせずに残業を行っている場合,個別の事情によっては残業代請求が認められるケースもあります。

 

【解説】

1 残業の事前承認制度について

会社側では,残業代の支払いを抑えるために,残業をする際には事前に申請するよう定めたり,残業を許可制にしたりする方策をとることがあります。

このような規定が設けられている場合,残業をする際に事前に申請したり,許可を得たりしていなければ,残業代は認められないかというと,決してそうではありません。

この点,参考となる判例として,昭和観光事件(大阪地裁平成18年10月6日判決)があります。

昭和観光事件では,従業員の会社に対する残業代請求の可否が問題となりました。会社には,事前に所属長の承認を得て就労した場合に限り時間外労働を認めるという内容の就業規則が規定されていました。会社側は,従業員が事前に所属長の承認を得ていないのだから,従業員の残業代請求は認められないという反論をしました。

この点,裁判所は,「なるほど,被告の就業規則には被告主張のような 内容の規定が存在するが(前提事実(4)ク),被告が主張するように,この規定は不当な時間外手当の支払がされないようにするための工夫を定めたものにすぎず,業務命令に基づいて実際に時間外労働がされたことが認められる場合であっても事前の承認が行われていないときには時間外手当の請求権が失われる旨を意味する規定であるとは解されない。」と判示した上で,会社の業務命令に基づいた時間外労働であると認定し,従業員の残業代請求を認めました。

2 業務命令に基づく時間外労働といえるか

このように,昭和観光事件の判断枠組みに従えば,残業の事前承認を得ていなかったとしても,実質的に会社の業務命令があったと言うことができれば,残業代請求が認められることになります。

実質的に会社の業務命令があったといえるかどうかは,勤務実態等に関する証拠を精査する必要があります。

この点の判断は,ケースバイケースといえますので,専門家の相談をお勧めします。

お問い合わせはこちら