裁判手続−労働審判

労働審判とは

労働審判とは,最近の個別的労働関係に関する紛争の増加傾向に対処するために,迅速かつ適切に解決を図ることを目的に制定された手続です。労働審判は,原則として3回以内の期日で,調停(話し合い)による解決が試みられます。調停による解決ができない場合には,労働審判委員会が労働審判を行い,解決を図ります。

労働審判のメリット

労働審判のメリットは,労働紛争の迅速な解決を図ることを目的とした制度ですから,早期の解決が期待できる点にあります。

労働審判のデメリット

一方,労働審判のデメリットは,早期の解決が期待される反面,労働者側の主張がすべて認められず,譲歩を迫られることが挙げられます。

例えば,未払賃金請求の案件では,労働者の請求する金額の満額が認められず,譲歩を迫られることも珍しくありません。

さらに,労働審判は,あくまでも当事者間の合意がなければ成立しないため,終局的な解決には至らないこともあります。

 

なお,労働審判の手続の特徴等をより詳しく確認する場合には,「労働審判」の項をご参照ください。