弁護士費用

弁護士費用

労働問題のことで弁護士を探そうとしている方にとって,もっとも不安で,悩ましい問題の一つが,複雑で分かりにくい弁護士費用だと思います。

当事務所では,安心してご依頼いただくために,シンプルでリーズナブルな弁護士費用を設定しています。

1 無料法律相談・24時間予約受付

(ご予約はこちらから )

当事務所では,①不当解雇,②残業代・未払賃金請求のご相談については,法律相談料は無料としています。
(初回・1時間まで。以降は30分ごとに法律相談料として5,000円が発生します。)

①不当解雇と②残業代・未払賃金請求の問題でお悩みの方は,生活にも支障を来していることが少なからずあります。

私たちは,このようなことでお悩みの方が少しでもご相談しやすいよう,①不当解雇と②残業代・未払賃金請求のご相談は初回無料で承っております。

2 シンプルでリーズナブルな弁護士費用

次に,当事務所では,安心してご依頼いただくために,本サイトに掲載しているシンプルでリーズナブルな弁護士費用を設定しています。

サポートプラン 着手金 報酬金
法律相談 【①不当解雇 ②残業代・未払賃金請求の事案】
無料(初回・1時間まで)
【その他の事案】
30分 5,000円
交渉サポート 20万円 経済的利益×20%
労働審判サポート 25万円 経済的利益×20%
訴訟サポート 30万円 経済的利益×20%
証拠保全サポート 10万円
民事保全サポート 10万円
強制執行サポート 10万円

* 上記費用のほかに,消費税・実費が発生します。
* 経済的利益が金額に算定することが困難な場合(復職等)の報酬金については別途お見積をいたします。

3 安心の完全保証主義

労働問題でお悩みの方の中には,

「弁護士に依頼したいけれども,弁護士費用がいくらかかるのか分からない。」,
「弁護士費用が高くて,かえって損をするかもしれない。」

と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

そこで,当事務所では,報酬金がご依頼前の会社の提示金額と獲得金額の差額を超過する場合は,その超過部分を控除した金額を報酬金額とする,完全保証主義を採用しております。

たとえば,会社が事前に提示した金額が150万円,当事務所が裁判を行なって獲得した金額が200万円だった場合,弁護士費用は,本来,20万円+獲得金額200万円×25%=70万円(税別)となります。

ですが,これでは獲得した金額を上回ることになりますので,この場合の弁護士費用は,超過分20万0000円を減額させていただき,50万円を弁護士費用とします。

したがって,依頼された方の経済的ご負担はありません。

お問い合わせはこちら