求人・採用関連

それぞれの項目をクリックすることで、PDFのダウンロードが可能です。

就業規則が規定されている場合の労働契約書の参考例です。就業規則が整備され、労働者に周知する場合には、労働契約書は簡略なものとすることが考えられます。

就業規則が規定されていない場合の労働契約書の参考例です。就業規則に規定すべき事項を、労働契約書内に盛り込むことになります。この他、懲戒事由や服務規律等をより詳細に規定することが考えられます。

パートタイム労働者との間の労働契約書の参考例です。パートタイム労働者の場合、就業時間や就業日数の管理が正社員とは異なるため、特にこの点に関する規定を別に分ける必要があります。

なお、正社員とパートタイム労働者の扱いを分ける場合には、労働契約書だけでなく、就業規則で分ける方法もあります。

新規採用予定者に対し、内定を出すときに作成する書類です。内定を出すにあたり、会社宛に提出する書類を指定することで、内定者の自覚を促すとともに、内定取消事由を規定することで、不測の事態が生じた場合には内定を取り消すことが出来るように規定しています。

中途採用を実施する場合における通知書です。

新卒採用の場合には、学校卒業後に実際に就労するまでの間、一定の期間が空いてしまいますが、中途採用の場合にはそれほどの期間が空くことはありませんので、内定を経ずに採用を出すことが通常です。

応募者に対する不採用を出す際の通知書です。不採用通知を出す際、又は応募要項に、応募者の履歴書等の提出書類の取扱いを記載しておくとよいでしょう。

採用をした場合における誓約書です。採用後は就業規則等に従うことになりますが、誓約書を取り交わすことで、新入社員の自覚を促す一方、新入社員の入社を確認し、使用者側が新入社員の採用に問題がないことを確認する目的として取り交わします。

採用時における企業情報の管理を規定した誓約書です。採用後は就業規則等に従うことになりますが、新入社員の自覚を促す一方、貴社の情報管理体制を高める目的で取り交わします。

中途採用者を対象とした秘密保持誓約書です。主な内容は、新入社員を対象とした場合と異なるところはありません。

将来負担する可能性のある損害賠償債務を保証してもらう際に取り交わす書類です。身元保証期間の設定は別途検討が必要です。

従業員の身分関係を確認する必要がある場合、従業員が市町村役場から「住民票記載事項証明書」を提出してもらう際に交付する書類です。個人情報に配慮し、開示される情報を限定できる点に特色があります。

賃金の支払は、通貨で支払わなければならないことが原則ですが、労働者の同意を得ることで預貯金口座への振込で対応することも可能となります。本書面は、この点を明確にする趣旨で取り交わすものです。

一般労働者(常用もしくは有期雇用型の労働者)に対して明示するべき労働条件を記載した書面です。

短時間労働者に対して明示すべき労働条件を記載した書面になります。

お問い合わせフォーム

メルマガ登録

問い合わせフォーム

トップへ戻る

牛久本部電話番号リンク 日立支所電話番号リンク 水戸支所電話番号リンク