【更新情報】使用者側が残業代を請求された場合

新たなページを追加いたしました

下記の相談内容に対し、使用者側が残業代を請求された場合についての解説をいたします。

<相談内容>

退職した元従業員から、突然に未払残業代200万円を請求する旨の内容証明郵便が送られてきました。円満退職した元従業員でしたから、なぜ突然にこのような請求をしてきたのだろうとショックでした。

内容証明郵便をみると、元従業員は、休憩時間も休みなく働かされたと主張し、残業時間も相当になっていると書いてありました。

その上、内容証明郵便には、タイムカードや就業規則の写しを出すよう要求されているだけでなく、到着してから1週間以内に200万円の支払いに応じなければ法的手段をとると書いてありました。

当社はどのように対応すればよいのでしょうか。

【回答のポイント】

労働者側が請求する残業代は、算定が誤っていることもあるほか、消滅時効にかかっている場合もあるなど、複雑な争点が多数存在します。安易に応じるのではなく、適切な調査が必要です。

▼ 詳しくはこちら ▼

残業代を請求された場合(使用者側)

お問い合わせフォーム

メルマガ登録

問い合わせフォーム

トップへ戻る

牛久本部電話番号リンク 日立支所電話番号リンク 水戸支所電話番号リンク